2006年10月10日

共有と交換の違い

まず、一般的なソフトウェアをファイルすると、ソフトウェアが多くのユーザの中でファイルを共有するのを目指すことは示されます。

正直なところ、ファイル共有ファイル交換は同じ意味で使用されるのをしばしば見られますが、そのような定義の違いがあります。

- ファイル共有
各端末から提供されたファイルのコピーは様々のデータがファイルするタイプが「流れ」と必要/不必要なことにかかわらず一般的なネットワークに各端末にいつも存在しているということです。

- ファイル交換ファイルと受け取り人のドナーのカップル1による送受信の形を取らないかもしれなくて、負荷が端末に必要でないファイルの仲介で掛かるのをタイプしてください。

ところであって、共有している人であるなら些細であり、使用される交換ソフトウェアが、それが別々にそうであると言う。

ネットの使用がファイルを共有するのが、非常に非常に役に立って、また、一般的なソフトウェアをファイルするのにおいて多くの法律問題があるのも、本当です。

それはGnutellaとWinnyなどによって表されます。

そして、分配発生源におけるユーザが匿名のようにファイルを共有するのは、一般的なソフトウェアをファイルするのにおいて一括して可能です。

したがって、著作権の侵害になるのが可能であり、それは、不法であると考えられたコミュニケーションで市販のソフトウェアなどに関するデータの音楽、映画、および交換をするので、しばしば問題の状態で置かれます。

ユーザと開発者が逮捕されていた後に、Winnyは日本で一時繁栄しましたが、他のソフトウェアはまた、脚光を浴びるようになりました。

BitTorrentのような匿名の機能を持っていない一般的なソフトウェアをファイルするのは存在しています。

それには、それを使用して、そうしたどういうファイルが容易に一般的なソフトウェアをファイルしながらそのようなものの公衆に開いたかが判明するので、匿名の機能がありません

ドメイン指定するのが必要である合法的な目的によって使用されて、ものは例えば、オープンソースソフトウェアの試供版の声のファイル配送をリナックスと命名しました

そして、市販のゲームとファイルを分配するPodキャスティングは上がりました。

きちんと分かった後に一般的なソフトウェアをファイルするなら非常に便利ですが、ワンステップで誤りをするのがこのように使用されるとき、法は違反されるでしょう。

したがって、一般的なソフトウェアときちんと使用されるファイル交換ソフトウェアをファイルするなどが見られる利用規約。
posted by y at 01:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽・動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25169932

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。